チェックで分かるうつ病【ストレスが原因の心の病を解消しよう】

日本人女性

冬季うつ内容

医療

把握したい事

近年うつ病を発症する人が増えておりますが、中でも寒冷地を中心として、冬型のうつ病が問題となっています。冬型のうつ病は冬季うつと呼ばれており、春が来れば治ってしまうのが特徴です。なぜ冬季うつが起こるかと言えば、日照時間に原因があります。冬季は日照時間が少ないですが、雪国の冬は日差しが差すこと自体が少ないのです。日差しが差さないため、気温は下がりますし、外に出るのは億劫になります。また、日光を浴びないために、神経伝達物質であるセロトニンの分泌量が減ります。セロトニンが減るとうつ病になるのです。セロトニンは、運動や食事で補うことが出来るので、工夫することで冬季うつも避けることができます。また、冬季うつを避けるためには、明るい場所にいることも大切です。暗い部屋や、落ち着いた照明の部屋では、特に冬季の場合は、うつ病を発症する可能性があるので注意が必要です。その他には、生活リズムを整えたり、体調の悪さから来るストレスなどを溜めないよう心がけることも大切です。

冬季うつの判断材料

冬季うつを判別するためには、冬季に発症することのほかに、幾つかのチェック方法があります。まず基本的に男性に多いということです。また、気力、体力、精力など、あらゆる心身のパフォーマンスが低下し、物事に関心がなくなります。人付き合いも希薄になり、日中も慢性的な眠気に襲われます。これは夜の睡眠時間に関係なく、昼も眠いとちうことです。身体のダルさ、慢性的な疲労、首や肩のコリなどもチェックしてください。食事に関しては、特にあまいものや、炭水化物の摂取量が増え、心身の活力低下を原因として、生活習慣の乱れも顕著となります。炭水化物の摂取量が増え、体を動かす習慣がなくなるため、体重の大幅な増加が見込まれます。これら全ての症状は、冬季限定うつ病の特徴であるため、チェックする際に活用してください。寒冷地など、高緯度の地域にお住まいの方は、冬場は特に、冬季うつに気をつけながら生活する必要があります。うつ病チェックを行ない、生活の中でちょっとした工夫を心がけてください。