チェックで分かるうつ病【ストレスが原因の心の病を解消しよう】

日本人女性

早期発見が大切です

中年女性

病院に行きましょう

精神疾患にかかる人が増えてきました。特にうつ病は、現代社会に生きる私たちには身近な心の病気として会社や学校でも休むことが認められるようになっています。うつ病になってしまったときは、一日でも早い発見と治療の開始がうつ病完治には大切です。知っておくとよい情報として、うつ病かどうか自分でチェックできるように、うつ病の症状を知っておくと良いでしょう。まず、うつ病の初期の症状として多く見られるのが、眠れない、食欲がなくなる、もしくは食欲を止めることができない、一日中意味もなく落ち込んでしまう、などがあります。症状が進むとこれらの症状に加えて何をしても楽しくなくなったり、生きているのが辛くなり死について考えはじめるようになります。今までそのようなことを考えたことがないのに、気づいたら自殺について考える時間が増えるようになることがあります。これは典型的なうつ病の症状が進行した人に見られる症状ですので、一刻も早く病院に連れていくことが大切になりますので覚えておきましょう。

生活するのが難しいです

うつ病かどうかのチェックをしたい場合、心療内科などの専門機関を受診し診断してもらうことが一番確実です。しかし、うつ病かどうか分からない状態で行くのは、少し敷居が高いと感じる人がいるのも事実です。そこで、チェックをするのに便利なのがインターネットの無料うつ病チェックサイトを利用する方法です。うつ病の特徴は、上記にもあるように憂鬱な気分がいつまでも続いてしまったり、やる気が起こらない、食欲がない、何をしても楽しいと感じないなどといった抑うつ状態が続きます。このような状態に加えて、めまいや頭痛、疲労感や便秘などのような身体的な症状も見られるようになります。また、無価値感や劣等感が強くなっていきますので、自分に自信をもつことが出来なくなり、自己否定や自己嫌悪が強くなりうつの状態が長時間続くことにより、日常の生活を送ることが困難になってきてしまいます。このように精神的にも身体的にも追い込まれていくのがうつ病の症状の特徴ですが、本人はなかなか気づきづらいという傾向が見られます。インターネットの無料診断では、簡単な質問に答えるだけで、うつ病の傾向があるのかを知ることが出来るのでおすすめです。