チェックで分かるうつ病【ストレスが原因の心の病を解消しよう】

日本人女性

心の病は放置しないこと

悩む男性

早いうちに解決が必要

うつ病は、憂鬱な気分が何時までも続き晴れない、気分が沈み込む、何をしても楽しめない、やる気が起こらない、何をするにも億劫になる、食欲がないなどの症状が続くことで、通常でもひとときこのような気分になったりすることがありますが、一過性のものです。しかしうつ病になると決して症状が晴れることがないだけでなく、なぜそのような症状になったのか原因までも特定できないのが特徴です。休みをいつもより多く取ったり、好きなことをいっぱい実行するなど工夫することで軽いうつ病であれば改善されることもありますが、重い症状である場合には改善されませんし、軽い症状で治ったかに思えても通常の生活に戻るとまた同じ気分に戻ってしまうことも少なくありません。うつ病は心の病であるため、精神状態を根源から直す必要があります。うつ病が重くなると気分的な症状だけでなく、頭痛やめまい、便秘や疲労感など体の様々な部分に影響を及ぼし日常生活をするのもままならなくなってしまうため、早期改善が必要です。

過信せずに医師に相談

うつ病はなかなか人に相談しにくい病気です。自分でもうつ病であると認めたくないのが通常ですので、どうしても我慢してしまい、症状を重くしてしまいがちです。医者に診てもらうことが望ましいのですが、そこまでする必要はないと考えがちです。今ではインタネット上で簡単にできるセルフチェックがあります。この診断チェックは、YesかNoで答える簡単な問題を総合的に判断しうつ病の傾向があるのかどうかを調べるものです。しかし過信は禁物です。セルフチェックでうつ病の傾向があると診断されても一過性の場合もありますし、逆にうつ病ではないとチェックで診断されても実は初期症状であったというケースもたくさんあります。したがってチェック結果を見て一喜一憂しても本当の解決方法とは言えないのです。そのため、自覚症状があるのであれば、迷わず医師に相談するのがベストです。豊富な経験を持つ医師の診断は、間違うことも少なく、たとえ間違っていたとしても医師に相談できているという事象が安心感をもたらすのです。