チェックで分かるうつ病【ストレスが原因の心の病を解消しよう】

日本人女性

増えている病気

男性

新しい治療方法

うつ病というのは人によって発症のきっかけが違うのです。性格やストレスや日常生活などが複合的に作用して、引き起こされます。一見してうつ病とはわからないケースも多く、単に気分が落ち込んでいるとしか思えないこともあります。そのためおかしいと思ったら、すぐに診察を受けることが大事です。うつ病の治療法には、薬物療法と精神療法があります。薬物療法には専門的な抗うつ薬の中から、症状に合ったものが使われます。副作用を抑えるために初めは少量から開始して、徐々に増やして調整します。効果が出るまで2週間から3週間はかかります。精神療法というのは医師やカウンセラーが患者と対話を重ねながら、少しずつ症状の緩和を目指します。症状が重い場合は入院しえ治療を行います。最近注目されている治療法は、うつ磁気刺激治療という方法です。これは従来の薬物療法とは違って、副作用がほとんどなく、脳の機能低下を回復させるのです。長年うつ病に悩まされている人に効果があるといわれており、今後はこのような治療法がさらに開発されていきます。

自分でわかる症状

一見しただけでは落ち込んでいるのかうつ病なのか、わかりにくいのがうつ病の特徴です。そのような時に利用とすると便利なのが、診断チェックです。インターネット上には自分でチェックできるサイトがありますから、それを利用するとおおまかな判断が可能です。それ以外にも日常生活の行動でチェックができます。うつ病は気分が落ち込むと同時に不眠や食欲低下、頭痛や動悸、下痢などの症状を併発することが多いのです。精神的な症状と肉体的な症状が起こった時はうつ病の可能性が高いので専門医の診察を受けた方がよいです。また意欲がなくなって、好きだったものに興味を示さなくなった時も注意が必要です。普通の落ち込みでは、自分の好きなことや趣味に関しては意欲がわくものです。最も気をつけたいのは自殺願望です。自分に価値がないと勝手に思い込んでしまうのです。自殺願望は、何に対してもやる気が起きない時には安心できますが、少し症状が良くなった時が危険なのです。そのあたりの気分の移り変わりをチェックして、気をつけることが必要です。